たかだ行政書士事務所を利用してみてわかったこと

 

たかだ行政書士事務所は、建築業許可申請に特化した行政書士事務所です。
では、どんなところが良いのでしょうか?

 

行政書士に依頼することでのメリット

 

実際に利用してみてメリットが大きく4つあったので紹介したいとおもいます。

 

@ 手間や期間の軽減・短縮に繋がる

 

行政書士に建設業許可の申請をご依頼いただく大きなメリットは、建設業許可申請の手続きを日常的に多数経験している専門家が関わることによって、状況の把握や求められる資料等の収集、申請書の作成、写真撮影、行政庁への提出がスムーズに完了し、許可証取得までの手間や期間を大幅に軽減・短縮していただけることです。

 

 

A 個々のケースに応じた適切なアドバイス

 

一口に建設業許可と言いましても、どの業種で許可を取ればよいのか?許可の条件を満たすために何をすればよいのか?後継者の代になっても許可を維持するにはどうすればよいか?
など、考えなければいけないことはケースバイケースですから、何でも良いから許可を取れれば良いというわけではありません。
行政書士は、ただ建設業許可手続を代わりに行うのではなく、個々の事情をお聞きした上で、どのようにしていけばよいのか適切なアドバイスを行い、サポートしてくれます。

 

 

B 許可後の手続も安心

 

建設業許可は一度取ったら、後は何もしなくて良いというわけではありません。
5年に一度、許可を更新しなくてはいけませんし、許可を更新するためには、毎年、決算や工事の経歴を報告する書類を提出し、商号・所在地・代表者などに変更があれば、その都度変更を届け出ないといけません。
行政書士は、建設業許可後の手続についても熟知しておりますから、許可後に必要な手続についてもアドバイスし、手続のし忘れを防ぎます。

 

C 法律改正に対しても対応

 

建設業を取り巻く法律は、新しく作られ、変わっていきます。法律の改正に気付かないままでいると、知らないうちに法律違反をしていた、新しく必要になった手続を行うことが出来なかった という事態が起こりえますが、行政書士は、法律の改正について情報を有しておりますので(行政書士会から会員へ情報提供を行っております)、法律が変わった際の対応も安心です。

 

メリットが多い【たかだ行政書士事務所】にご相談してみてはいかがでしょう。

 

\たかだ行政書士事務所の詳細はコチラ/

更新履歴